永留 義己

取締役副社長

1974年生まれ。大阪府出身。小学校4年生の際にMSXを買ってもらい、従兄弟よりプログラミングを教わる。友達と日本橋の電気街で電子工作キットを買って遊んだこともあり、理工系を指向した。

清風南海高校では少林寺拳法部に所属し、主将を務めた。いわゆるガリ勉タイプの学校だったのでそりが合わず、部活動に没頭する。地区大会、府大会では毎回入賞。近畿大会では演舞の部で準優勝した実績も。

1994年早稲田大学理工学部に入学。大学一年でアセンブラ言語、Fortranを通じてコンピュータプログラミングの基礎を学ぶが、プログラミング自体には興味が持てなかった。探検心がくすぐられ大学二年時には一ヶ月ヨーロッパを一人で放浪。大学二年、三年のUNIX、C言語の授業で、UNIXにふれるもUNIXの古いインターフェイスに嫌気が差し、なんとかもっとわかりやすいインターフェイスにならないものか思案する。これが後のHENNGEでの製品開発に結びつく。大学三年から、興味があったインターネットセキュリティを専攻すべく情報理論の研究室に所属。暗号論を専攻。コンピュータ関連のアルバイト先を探していたところHENNGEと出会う。

在学中にHENNGEの起業に参加し、理系出身だが技術系ではなく主にセールス/マーケティング分野で力を発揮。法人向けパッケージ製品の幅広い展開に尽力。その後クラウド時代の到来に合わせ、企業向けのあらゆるクラウドサービスの情報を現場から収集。現在は、どんなサービスの組み合わせが最善かをトータルにお客様に指南できる、日本でも数少ないエンタープライズ・クラウド・エヴァンジェリストと目される。

講演/記事など

  • 2018/02 [講演]
    Impress Executive Meeting 2018にて講演
  • 2017/09 [講演]
    ITmedia エグゼクティブセミナーにて講演
  • 2017/07 [講演]
    ガートナーセキュリティ&リスク・マネジメントサミット2017にて講演
  • 2016/10 [モデレータ]
    グランドハイアット東京で開催されたHENNGE Day 2016にてパネルディスカッションのモデレータを担当