イベント・セミナー

どこから手をつければ良い!? ゼロトラストネットワーク実現に向けた、クラウドセキュリティ徹底解剖

概要

コロナ禍を契機として、DXに取り組むことで競争優位の確立を目指す企業が増えております。

競争力強化のためには、時代の変化に柔軟に対応できるシステム導入が不可欠である一方で、求められるセキュリティの在り方も変容しつつあります。

本セミナーでは、PwCコンサルティング合同会社 上杉様をお招きし、DXとセキュリティのバランスを実現する最適解としてのゼロトラストモデルについて、実態調査を交えてお話いただきます。

加えて、ゼロトラストモデルの実現に不可欠である「CASB・SWG」「認証」。それぞれのマーケットリーダーである Netskope Japan 株式会社様および HENNGE 株式会社から、これからの時代に最適なセキュリティ対策についてお伝えいたします。

「CASB・SWG」といったSASEによるクラウド利用の可視化や制御、「認証」によるアクセス制御やシングルサインオン、これらはどちらもクラウドシステムを利用していくにあたってのセキュリティ対策や利便性にとって切り離すことのできない要素です。それぞれの提供製品の特長、およびどのような場面でご活用いただけるのかについてご紹介をさせていただきます。両製品がカバーしている機能について知っていただくことで、今後のゼロトラストモデル整備への参考にしていただければと思います。ご参加をお待ちしております。



登壇者

PwCコンサルティング合同会社_上杉様(square).png

PwCコンサルティング合同会社
シニアマネージャー 上杉 謙二 様

PwCコンサルティング合同会社入社以前は、国内通信会社や外資系セキュリティ会社において、セキュリティサービスの製品責任者として製品開発やプリセールス活動に従事。2018年2月より、非営利・独立系シンクタンク「一般社団法人日本サイバーセキュリティ・イノベーション委員会(JCIC)」に主任研究員として兼務出向中。現在、デジタルトラスト部門ナレッジセンターのリーダーとして、グローバルの知見をクライアントなどに提供している。また、NISTゼロトラスト・アーキテクチャの日本語訳にも携わる。

netskope-ishikawa(square).png

Netskope Japan株式会社
アカウントエグゼクティブ 石川 龍太郎 様

セキュリティソフトの営業としてキャリアをスタートし、前職では2011年からクラウドセキュリティに携わり、クラウド型のデバイス管理サービス、IDaaS、CASBの立ち上げおよび営業を担当。企業のクラウド利用をセキュリティ面から支えるためにNetskopeに入社。クラウド使用におけるリスクと対策の盲点など、お客様に新たな気づきをお伝えすることが信念。

HENNGE_溝脇.png

HENNGE株式会社
Cloud Sales Division Enterprise Sales Section 溝脇 彩乃

某専門商社にて営業を経験後、HENNGEに入社。中小企業への新規開拓を経験後、 エンタープライズセールスに異動。現在は大規模顧客を担当し、クラウドサービスのセキュアな利用やゼロトラストセキュリティの実現に向けてHENNGE Oneのご提案を進めている。

内容

開催日時 2021年9月22日(水) 14:00-15:00
対象 情報システム部門に従事されている方
主催 HENNGE株式会社
共催 Netskope Japan株式会社
視聴方法 オンライン(Zoom)
※視聴方法につきましては、当選されたお客様にのみご案内させていただきます。
※当日のご案内メールが届かない方はお手数ですが(seminar2@hennge.com)までお知らせください。
参加費 無料(事前申込制)
お問合せ HENNGE株式会社 セミナー担当:安孫子
Tel:03-6415-3660

プログラム

14:00-14:20

DX with Securityを実現するためのゼロトラストモデル

PwCコンサルティング合同会社 上杉 謙二 氏
14:20-14:35

「認証・認可」の強化 HENNGE Oneで実現するゼロトラストネットワークの第一歩

HENNGE株式会社 溝脇 彩乃
14:35-14:50

ゼロトラスト実現における必須要素の1つ クラウド・ウェブ利用を保護する次世代SWG

Netskope Japan株式会社 石川 龍太郎 氏
14:50-15:00

質疑応答


申し込み

満員御礼
おかげさまで定員となりましたので応募を締め切らせていただきました。


すべてのイベント・セミナー