ラジオ広告でHENNGEする

ラジオ広告でHENNGEする

2020年3月から東海地方で人気のラジオ番組「ZIP-FM」のスポンサードを開始したHENNGE。その狙いを伺いました。
インターネット広告費用がTVメディア広告費用を超えた。というニュースが流れていましたが、ラジオ広告ですか!
はい......。
ラジオ広告ってどうなんですか?
電通さんが発表されている日本の広告費調査によると、ほぼ横這いで推移している感じですね。
東海地方限定の番組のスポンサードで、東京では聴取できないのですよね?
はい。関東からもradikoのプレミアム会員登録(350円/月)をすれば聴けますので!
なるほど。笑。今回スポンサードするZIP-FMってどんなラジオ局なのですか?
東海地方で聴取率No1のFMラジオ局さんです。M-1、F-1層に強いようです。
広告の目的は何になるのですか?
採用です。東海メンバーの採用を強化したいと。そのためにまずは認知度をあげたいと思ったのがきっかけです。
ラジオ広告だけで認知度が上がるのですか?
鋭いご指摘です......。もちろんメディアミックスや地道な人を介した活動、時間もかけながらと考えています。
他のメディアは考えなかったのですか?
同時並行的に検討しました。TVCMとか交通広告とか名古屋ドームとか。
その中からラジオを選択したと。
東海って関東&関西圏と違って車で移動する人が多くて。愛知県は自動車保有台数日本一、交通手段の75%が車という調査結果もありますし。現地現物ではないですが、名古屋に何度か足を運んで現調したときに、「ZIP-FMは聴いている!」という声が多かったのも大きな要因ですね。
なるほど。
あと、音声に可能性を感じているというのはあります。
といいますと。
五感の中で視覚にアプローチするメディアは多いけど、聴覚は少ないなと感じています。加えて目を占領されても音は「ながら聞き」できるのではないかと。さらに音の「刷り込み効果」もあるのではないかと仮説を立てています。
確かにスマホを見ながら車内広告を見る人は皆無だと思いますが、音楽を聴きながらスマホを操作するというのは、ままありますもんね。
あとは、タイムシグナルであるという要素も大きかったですね。具体的に聴いていただくと良いと思いますのでご紹介しますね。

宣伝というより間奏という感じですね。
はい。15:00の時報スポンサードになります。そんなに邪魔にならない広告でないかと判断しました。
「働き方改革をテクノロジーでお手伝い」というのはあまり利用したことがないコピーですよね?
「働き方にあたらしい自由を」とか「テクノロジーで変化をチカラに」は利用しますが、「働き方改革をテクノロジーでお手伝い」は初めて利用するコピーですね。目に訴求する広告と、耳に伝える広告は違うなと勉強したところです。様々な広告案を作成したのですが、ある程度一般の方が理解できる言葉でないと音の広告は伝わらないなと感じました。
時報の前にCMも入るのですよね?
はい。このような広告も入ります。

ストレートな文章ですね。
こちらも色々な案を考えたのですが、東海地方での初めての広告ということもあり、まずは自己紹介的な文章が良いのではないかと採用しました。
不採用案も沢山あったのですか?
はい......。地場に根差した広告案、AMっぽい?広告案など何十種類も。
聴いてみたい!?
機会があればご紹介します......。
最後に何か伝えておきたいことはございますか?
東海地方で絶賛求人中です。一緒に働いていただける方はぜひご応募ください!もちろんZIP-FMも聴いてください!!
本日は、ありがとうございました!

※HENNGEでは一緒に、変化する・チャレンジする、メンバーを募集しています。募集中の職種に関してはこちらを参照ください。