ニュース

BIダッシュボード「MotionBoard」がSaaS認証基盤「HENNGE One」と連携2020.02.25


mb02.png

HENNGE株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:小椋 一宏)とウイングアーク1st株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中 潤)は、HENNGEが提供するSaaS認証基盤(IDaaS)の「HENNGE One」とBIダッシュボード「MotionBoard」を連携させ、「HENNGE One」から「MotionBoard」へのセキュアなアクセス連携を実現しました。

社内外に混在している様々なデータをリアルタイムに可視化して意思決定のスピードを早める企業が増加しています。「MotionBoard」はリアルタイムにデータが反映されることや、ダイナミックにチャートが変換されること、集計リクエストにスピーディーに反応するなどの特長を持ち、 国産BIツールとして多くの企業で導入が進んでいます。

この度、「HENNGE One」と「MotionBoard」が連携することにより、企業では煩わしいIDやパスワードの管理が不要になり、様々なデバイスから安全に経営ダッシュボードにアクセスが可能な環境を構築することが可能になります。

HENNGEでは今後もSaaS認証基盤(IDaaS)の「HENNGE One」と連携するSaaSを増やし、ウイングアーク1stは「MotionBoard」のスピード機能を強化する予定です。今後両社で、企業の利便性と安全性の両立したSaaS導入を支援し、セキュアな連携基盤としてお客様に提案してまいります。

■MotionBoardについて
「MotionBoard」は、意思決定や行動の変化を促す情報をスピーディーに届けることができるBIダッシュボードです。IoTデータのリアルタイム可視化や地図データの標準搭載など、BIツールとして他に類を見ない機能を提供しています。

■HENNGE Oneについて
Office 365、G Suite、Box、LINE WORKSなど、さまざまなクラウドサービスに対して横断的に、セキュアなアクセスとシングルサインオン機能などを提供するSaaS認証基盤(IDaaS)。

■HENNGE株式会社について
「テクノロジーの解放」を理念に、独自の技術や時代に即した新しいテクノロジーを探し出し、他社に先駆けて、テクノロジーと現実の間のギャップを埋めるサービスを開発しています。

会社名:HENNGE株式会社
証券コード:4475
所在地:東京都渋谷区南平台町16番28号 Daiwa渋谷スクエア
代表者:代表取締役社長 小椋 一宏
URL: https://hennge.com/

<本リリースに関するお問い合わせ先>
HENNGE株式会社
Corporate Communication Office Division
担当:山本 有哉



すべてのニュース