ニュース

HENNGE Oneの連携ソリューションにRPAソフトウェア「Automation Anywhere」を追加2020.05.19

ANYWHERExhennge_1000100.png

HENNGE株式会社(本社:東京都渋谷区、 代表取締役社長:小椋 一宏)は、 SaaS認証基盤(IDaaS)の「HENNGE One」が、RPAソフトウェア「Automation Anywhere」に対応したことを発表します。

従業員の生産性向上や業務効率化の改善を目指してRPAを導入する企業が増加しています。Automation Anywhereとは、RPA業界で最大シェアを誇るAutomation Anywhere Inc.が提供するRPAソリューションです。人が行う作業を、AIおよび先進的な分析機能で自動化します。

「HENNGE One」とAutomation Anywhereが連携することにより、シングルサインオンと的確なアクセス制限が可能になります。HENNGEでは今後もSaaS認証基盤(IDaaS)の「HENNGE One」と連携するSaaSを増やし、 企業の利便性と安全性の両立したSaaS導入を支援してまいります。

■Automation Anywhere Inc.について
オートメーション・エニウェアは、Botを使用した RPA分野のリーダー企業で、RPAとAI、機械学習、分析などの機能を組み合わせた高度な自動化プラットフォームを、世界で唯一Webベース/クラウドネイティブで提供しています。業務プロセスの始めから終わりまでを自動化するBot=「デジタルワーカー」は短時間の準備でスタートさせ、全社に効率的に展開することができます。デジタルワーカーに反復作業を担わせることで、業務の生産性を大幅に向上させるだけでなく、カスタマーエクスペリエンスや従業員エンゲージメント向上をも実現できます。世界初のBotマーケットプレイスである「Bot Store」は、業界最大の規模を誇り、事前に機能を設定したインテリジェントオートメーションソリューションを850以上提供しています。1,200社のパートナーネットワークとともに40カ国で販売し、170万以上のBotが世界のさまざまな業界/企業で稼働しています。

■「HENNGE One」について
Microsoft 365、G Suite、Box、LINE WORKSなど、さまざまなクラウドサービスに対して、横断的にセキュアなアクセスとシングルサインオン機能などを提供するSaaS認証基盤(IDaaS)です。

■HENNGE株式会社について
「テクノロジーの解放」を理念に、独自の技術や時代に即した新しいテクノロジーを探し出し、他社に先駆けて、テクノロジーと現実の間のギャップを埋めるサービスを開発しています。

会社名:HENNGE株式会社
証券コード:4475
所在地:東京都渋谷区南平台町16番28号 Daiwa渋谷スクエア
代表者:代表取締役社長 小椋 一宏
URL: https://hennge.com/

本リリースのお問い合わせ先:
HENNGE株式会社
Corporate Communication Office Division
TEL:03-6415-3660
E-mail:info@hennge.com
担当:山本 有哉

*本プレスリリースに記載されている会社名、製品名、サービス名は、当社または各社、各団体の商標もしくは登録商標です。

すべてのニュース