プレスリリース

HENNGE Oneの連携ソリューションにチームのためのワークマネージメントプラットフォーム「Asana」を追加2020.09.03

asanaxhennge_1000x100.png

HENNGE株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:小椋 一宏)は、SaaS認証基盤(IDaaS)の「HENNGE One」が、Asana,Inc.が提供するワークマネージメントプラットフォーム「Asana」に対応したことを発表します。

AsanaはFacebookで活用されていたタスク管理ツールを製品化したもので、さまざまな業務をプロジェクトやタスク単位で登録し、リスト、カンバン、ガントチャートといった形式で可視化することで業務の進捗を整理できるサービスです。

「HENNGE One」と「Asana」が連携することにより、企業は煩わしい複数ID、パスワードの管理から解放され、的確なアクセス制限が可能になります。HENNGEは今後もSaaS認証基盤(IDaaS)の「HENNGE One」と連携するSaaSを増やし、企業の利便性と安全性の両立したSaaS導入を支援してまいります。

■Asana,Inc. 会社概要
カリフォルニア州サンフランシスコに本社を構えるAsana,Inc.は、小さなプロジェクトから戦略的なイニシアチブまで、チームのあらゆる仕事の編成をサポートすることを目的に、Facebookの共同創設者であるダスティン・モスコヴィッツ(現・Asana,Inc. CEO)によって2012年に設立されました。本社はカリフォルニア州サンフランシスコ、支社は東京、シドニー、ダブリン、レイキャビク、ミュンヘン、ロンドン、バンクーバー、ニューヨークの8カ所に所在。世界中に600名を超える従業員を擁します。提供するワークマネジメントプラットフォーム「Asana」 は、195か国でサービスを展開し、有料サービスを利用する組織は7万、無料サービスを利用する組織は100万以上に及びます。AirAsia、AllBirds、Grab、KLM Air France、National Aeronautics、Space Administration、Sephora、Traveloka、Uber、Viessmannをはじめとする世界的な企業が、Asanaを使用して会社の目標からデジタル変革、製品リリースやマーケティングキャンペーンまであらゆる仕事を管理しています。2019年3月には日本語でのサービスの提供を開始し、ANA、JAL、リコー、ソフトバンク、サイバーエージェント、スマートニュース、FiNC Technologiesなどの企業で利用されています。

■HENNGE Oneについて
Microsoft 365、G Suite、Box、LINE WORKSなど、さまざまなクラウドサービスに対して横断的に、セキュアなアクセスとシングルサインオン機能などを提供するSaaS認証基盤(IDaaS)。

■HENNGE株式会社について
「テクノロジーの解放」を理念に、独自の技術や時代に即した新しいテクノロジーを探し出し、他社に先駆けて、テクノロジーと現実の間のギャップを埋めるサービスを開発しています。
会社名:HENNGE株式会社
証券コード:4475
所在地:東京都渋谷区南平台町16番28号 Daiwa渋谷スクエア
代表者:代表取締役社長 小椋 一宏
URL: https://hennge.com/

<本リリースに関するお問い合わせ先>
HENNGE株式会社
Corporate Communication Office Division
TEL:03-6415-3660
E-mail:info@hennge.com 担当:山本

*本プレスリリースに記載されている会社名、製品名、サービス名は、当社または各社、各団体の商標もしくは登録商標です。



すべてのプレスリリース