PPAP対策/代替案 脱PPAPソリューションのHENNGE Secure Download

HENNGE Secure Download

PPAPの問題点やその対策や代替案について

脱PPAPとは?

PPAPの問題点

PPAPとはパスワード付きのzipファイルをメールに添付して送付し、同じ経路でパスワードを後送するというメール送信手法のことで、これまで多くの企業で採用されてきた方法でしたが、最近はその安全性(情報漏洩、ウイルスチェックが難しい、ZIPの暗号強度の脆弱性、など)と利便性が問題点とされ、行政機関や民間企業でPPAP対策 / 代替案として脱PPAPの動きがあります。

問題点1

速度低下と不安定

zipファイルとパスワードを同一経路で送信すると、盗聴によってファイルを閲覧されてしまうリスクが高まる。また、誤送信による情報漏洩の危険もある。

問題点2

セキュリティリスク

一般的なマルウェア対策に効果があるウイルス対策ツールではパスワード付きzipファイルの中身までを検査することは困難である。その点をサイバー攻撃に悪用され、マルウェア感染を誘発してしまう。

icon man worry

問題点3

設定や管理がつらい

別送されたパスワードを入力する手間が発生する。スマートデバイスからはzipファイルを解凍できず閲覧できないケースが多い。

PPAPの対策 / 代替案

PPAPの対策 / 代替案だけではなく、利便性とセキュリティも損なわない “HENNGE Secure Download”

HENNGE Secure Download diagram

HENNGE Secure Downloadは、PPAP(パスワード付きzipファイル運用)の廃止対策の脱PPAPソリューションです。 メール送信時の添付ファイルを自動的に切り離してアップロードし、受信者には元のメール本文とファイルダウンロード用URLが記載されたPDFを添付し送ります。受信者は、PDFのURLからメールアドレス認証を行い、認証コードを入力するとファイルのダウンロードが可能になります。

HENNGE Secure Downloadの特徴

利用ユーザーに負担をかけない操作性

添付ファイルは自動的にURL化されるため、送信者は意識することなくファイルをメールに添付するだけで利用可能。手動zip暗号運用からの脱却により工数削減にもつながります。

第三者によるダウンロードを防止

TO/CC/BCCに入っているメール受信者のみ、メールアドレス認証後ダウンロードできる仕組みになっています。ユーザー画面からダウンロード状況も確認可能です。

誤送信対策

万が一、添付ファイルを誤って送付してしまった場合も、送付後にURLを無効化することができるので、誤送信による情報漏洩リスクを軽減できます。

受信者側の利便性向上

ファイルを受け取る側も事前準備やインストールは不要。従来のzipファイルでは難しかったスマートデバイスからのダウンロードも可能です。

PPAPの対策 / 代替案が必要である主な理由としては、セキュリティの問題と受信者側の利便性さが挙げられます。
脱PPAPソリューションの選択する際は、セキュリティの安全性だけでなく使用者に負担のかからないサービスを選ぶことをお勧めします。また、HENNGE OneはPPAP対策 / 代替案だけではなくメール誤送信対策メール監査機能などのクラウドメールの標準サービスでは対応できない幅広いメールセキュリティ機能を提供しています。

HENNGE Secure Downloadは、
メールの添付ファイルを「Box」に
アップロードできるようになりました

詳細はこちら